自律神経失調症を改善して快適に|睡眠時無呼吸症候群を防ぐ

女性

自覚して治療を施す

カウンセリング

睡眠時無呼吸症候群は、最近になってよく耳にする用になった病気です。その為、睡眠時無呼吸症候群を専門に診てくれる医療機関が増えてきています。睡眠時無呼吸症候群は、文字通りで、就寝時に全く呼吸ができなくなる症状です。いびきをしている人で、突然いびきが止まってしまったという光景は、テレビの医療バラエティで放映されたこともあります。単純に数分間だけ呼吸が止まるだけの症状と思わないほうがいいでしょう。睡眠時無呼吸症候群は、重度になると、生活習慣病として、脳卒中などを引き起こす要因になるのです。また、睡眠時無呼吸症候群は自覚症状が無いため、気が付きにくい病気の一つです。就寝時に呼吸が止まったという感覚が全く無いからです。睡眠時無呼吸症候群に気がつくためには、誰かが横で寝ていれば話は別です。すぐにでも、改善のために医療機関を利用することにつながります。かるい症状であれば、自分で就寝するときの体制を変えてみるなどの工夫をすれば簡単に解消できるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群が、重い症状である場合は、専門医の指示の下、生活改善を目指して行ったほうがいいです。睡眠時無呼吸症候群の治療方法も多彩に存在します。内科的な治療方法で薬が処方されます。毎日適度の量を服用すれば改善していくのです。また、就寝時に特殊なマスクやマウスピースを装着して気道が塞がらないようにする治療方法もあります。これらは、内科的な治療方法に部類されます。その他では、外科の手法で、喉の奥を広げて扁桃腺を除去して気道確保しやすくする手術もあります。どの方法で改善していくかは、専門医と相談して決めていきましょう。